スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強のできる、頭のいい子を育てる工夫

勉強ができる子の育て方」って本が平積みされてました。「頭のいい子の育て方」っていう似たようなタイトルの本も…。たしかに育て方でどうにかなるものなら、知っておきたいところではあるのかもしれません。なんだかタイトルに見覚えがあると思ったら「頭のよい子が育つ家」って本を持ってました。

これらの本で、なんとなく共通してるのは、勉強する場所にこだわらないってことと、親も勉強するってことですかね。

個室の机に張り付いて勉強するんじゃなくて、リビングとか食卓とか、いろんなところで、親や家族のそばで勉強する。ノマド(遊牧民)なスタイル。勉強に限った話ではないのかもしれません。「仕事するのにオフィスはいらない」では、ノマドなワークスタイルについて書かれています。

親のそばで勉強できるっていうことは、親のほうの過ごし方も問われていて、テレビ見てたりゲームしてたりっていうわけにはいかないでしょうね。「なぜ日本人は学ばなくなったのか」なんていう本もありましたが、やはり理想としては、親も勉強するってことなんでしょう。背中で語るっていうやつですかね。

【続きを読む】
スポンサーサイト

情報は1冊のノートにまとめるべきか

メモやなんかを一元化することは自分も考えたことがあります。PC上でですが。けっきょくやらなかったんですけど、その理由の一つが、他人に見られたくないものをどうするか困った、ということでした。


この本でも、日記も一元化することがすすめられていて、心配事や不安な事を書き出すことでカウンセリングになる、とあり、まあそれは分かるんですけど、そんなものを常時持ち歩くっていうのはちょっとなあ。

案本」を読んでいたら、「日記を外に持ち出すケースって、どういうときだろう?」っていうところがあって、あ、この本のことだ、と思いました。


ほんたった:コンパクトに畳める携帯可能な書見台

しょけんだい」だと言われても、やっぱり「しょみだい」と読みたい「書見台」ですが(いやなんとなく響き的に)、けっきょく「ほんたった」を買いました。


畳んだ状態だと写真の印象よりはちょっと大きめの感じです。書いてある寸法のとおりなんですけどね。わりと厚みがあるからかな。


さっそく開いて本をセットしてみましたが……けっこう分かりにくい。というかちょっと手間がかかる感じです。まあ慣れればもっとすんなりとセットできるようになるんだろうと思いますが。

しかしセットしてしまえば、厚めの本でもしっかり開いたまま立たせておくことができますね。とりあえず手元にあった「投資苑」をセットしてみましたが、全然問題なし。ページめくりも片手でできます。

真ん中のバーの溝に沿って水平のバーを上下にスライドさせれば、本を立たせる角度も調整することができますが、本をセットする前にやっておいた方がよさそうです。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理 【続きを読む】

かっこよく積ん読する

積ん読、積読というとネガティブなイメージですけど、↓これはかっこいいなあ。


これなら堂々と積読できますな。見た目だけじゃなく機能的にもよさそうです。普通の積読だと途中に小さい本があったりするとバランスが悪くなって困りますけど、これなら大丈夫そう。ランダムアクセスができるのもいいですね。まあ普通の積読でもやってできなくはないですけど、一気に崩壊する危険性がありますからねえ。

↓こっちのほうは、ぱっと見、普通の積読に見えて、ありえないような高さまで積めてしまうのが面白いです。あれ?値段が… (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) !! これまたありえないような高さだなあ。


【続きを読む】

本を開いたまま立てておける「書見台」

「しょみだい」じゃなくて「しょけんだい」と読むそうです(;´ー`) 本のページを開いたまま、読みやすい角度に立てておける便利な台です。読書スタンドほどアクロバティックな置き方はできないけれど、普通に座って本を読む分にはこれでじゅうぶんかも。


木目模様とかじゃなくて木製!渋いですな。忍者のハットリくんがこんなのを使ってたような気がします。この中の「お客様の感想」のところにありますけど、台所で料理の本を立てておくっていうのはいいアイディアですねえ。案外、譜面台なんかも使えるかもしれませんが。


小さく折りたためる「ほんたった」もいいなあ。 → 買いました


【続きを読む】

読書スタンド

寝る前に本を読んだりするのに、枕元に照明があったらいいなあと、いろいろ検索していたところ、読書スタンドのページが出てきました。寝たままで読書できるように本を固定してくれるスタンドです。


いちおう照明もついてますけど、ちょっと物々しいというかなんというか…。「和ふとんタイプ」というからには、もっと和風っぽいのがいいなあ。木目とか?←安易

>センスある贈り物としても最適です!

うーん…。たしかに一度は試してみたい気もするので、貰えるのなら欲しいかも。


【続きを読む】

さおだけ屋の本は100万部

100万部突破するそうです。以前うちのブログでもちょこっと感想っぽいものを書いたところ、思いがけずたくさんトラックバックがついたりして、ああやっぱり売れてる本はすげーなーなどと思っておりました。100万部突破!が呼び水となって、またさらに売れたりするんでしょうか。


ブログを始めた当初の予定では、もうちょっと読んだ本のことなんかも書こうかと思っていたんですが、いざ書こうと思うとなかなか難しい…。小学生の頃は読書感想文などをよく書かされましたが、あれも苦手でした。成長してませんな。

kare kano:英語版のカレカノ

彼氏彼女の事情の英語版を買ってみました。とりあえず1巻だけ。内容的には1巻そのままの感じで、後ろについてる読切の漫画とか「つだ日記」のところまで英語になっています。

知っている漫画の英語版ってことで、ツルツルっと読めるかなあと思っていたわけですけど、ちょっと甘かった…。すでに日本語版の方の内容をあまり覚えてないし…。まずは日本語版を読みなおさないといけません。まあ単に英語力がないだけなんですけどね。

この本、英語版とはいっても綴じ方は普通の日本の漫画と同じなんですね。擬音とかの手書きの文字のところもほとんど日本語のままだし。まあ雰囲気が伝わればいいのかな。

英語版の漫画って他にもたくさん出てたんですねえ。Amazon → Manga

クラシックCDこの1枚~101曲いいとこどり

iconicon 面白かったです。ほとんど聴いたことある曲なんですよねえ。平原綾香のあれとか鼻から牛乳の曲とか電話の保留音とか運動会でかかる曲とかテレビのCMとか、どこかで聴いてるんだけどタイトルは知らないっていう…。解説には、1曲1曲、どのCMや映画で使われていたのか書いてあります。

Amazon→ Jupiter , 鼻から牛乳~世紀末バージョン

タイトルを見る→どんなのだっけ?→聴く→ああこの曲か!の繰り返しでした。そしてまた聴いてる端からどんどん忘れていくわけですが(笑) 曲数多いんだもん。しかし、これだけ入っていて1,000円っていうのはけっこうすごいかもしれません。

Amazon→ クラシックCDこの1枚~101曲いいとこどり

ちゃんとしたクラシックCDを買うための足がかりとしてもよかったのではないかと思います。1曲あたりの時間が短すぎるので、もっと聴きたい!って曲がけっこうありました。

それぞれのタイトルをカードにして、CDをランダム再生すれば、カルタ的なゲームが出来るかもしれませんね。クラシック百人一首!お手つき連発の自信があります。

坂本真綾「ループ」

iconicon 久々に買ったCDです。そういえば先月はあまり音楽を聴いてなかったような…。STAR digioの視聴料が勿体ないです。

「ループ」は菅野さんの曲じゃなかったですが、それほど新鮮味はなかった感じです。微妙に菅野っぽいっていうか、Giftっぽいっていうか…。いい曲でしたけどね。

作曲のh-wonderさんは、倖田來未やEXILEやなんかの作曲や編曲をしてる人だそうです。digioでばかり聴いてるとこういう情報に疎くなります。
  • Liberalism
    • -Hiroki Wada unofficial site-ひろきの舘

【続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。