スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vistaのせい、というより、たぶんHDDのせい

うちのPCが糞重いのは、ずっとVistaのせいだと思っていたのですが、どうもハードディスクが原因だったような感じです。


Western DigitalのHDDなのですが、いわゆる「低速病」の症状が出ていたみたいなのです。新しいHDDを買ってきて、Acronis Migrate Easyでシステムを引越しさせて使っているのですが、重さがすっかり解消されました。

Webで検索するのに、文字を入力しようとすると止まったり
ファイルを開く、保存する、などのダイアログが出るとこで止まったり
右クリックメニューを出そうとしたら止まったり
そういう症状はなくなりました。

Skypeに関してはこのときの対策で普通に使えるようにはなっていたのですが、こんなことをしなくても問題なく使えています。

低速病については、けっこう前から情報はあったようなんですけど、こないだまで全然気付きませんでした。「Vistaは重い」っていう先入観もあって、重さ解消とか高速化とか、そういう対策をググったりはしていたんですけど、そっちの文脈では引っかからなかったんですよね。

たまたま↓この掲示板を見て気付くことができました。

そういえば、うちのPCでもGoogle日本語入力をインストールしたころに症状が顕在化したなあ。それですぐにアンインストールしたんだけど…。うたがってごめんなさい。 【続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。