スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんたった:コンパクトに畳める携帯可能な書見台

しょけんだい」だと言われても、やっぱり「しょみだい」と読みたい「書見台」ですが(いやなんとなく響き的に)、けっきょく「ほんたった」を買いました。


畳んだ状態だと写真の印象よりはちょっと大きめの感じです。書いてある寸法のとおりなんですけどね。わりと厚みがあるからかな。


さっそく開いて本をセットしてみましたが……けっこう分かりにくい。というかちょっと手間がかかる感じです。まあ慣れればもっとすんなりとセットできるようになるんだろうと思いますが。

しかしセットしてしまえば、厚めの本でもしっかり開いたまま立たせておくことができますね。とりあえず手元にあった「投資苑」をセットしてみましたが、全然問題なし。ページめくりも片手でできます。

真ん中のバーの溝に沿って水平のバーを上下にスライドさせれば、本を立たせる角度も調整することができますが、本をセットする前にやっておいた方がよさそうです。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
いろいろ検索してたら片手で読書する用のグッズが…。


面白いけど、これページめくれるのかな…。これならパームボールの握り方の感じで、親指と小指で左右それぞれのページを押さえればいいと思うんだけど。むしろ小指を強化したほうが…。例えば↓こういうのとかで。


けっこういいかも(笑)

さらに検索してたら、お風呂で読書できるっていう「バスブックスタンド」を発見。


てっきり本を濡れないようにする工夫がしてあるのかと思ったら、特にそういうわけでもないみたいですね。これなら風呂の蓋ほんたったでもよさそうです。

関連エントリー

スポンサードリンク

コメント (コメントを書く)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://symnkn.blog7.fc2.com/tb.php/156-bb94c989

その他最新の記事

その他最近のトラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。