スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualBoxでハマったところ

VirtualBox(バージョン3.0.8)で困ってしまったところのメモ。

仮想マシンからの抜け方
→右側にあるコントロールキーを押す。

いきなり超初歩ですが(笑) 途中で表示されるメッセージをほとんど読まずに、調子にのってほいほいクリックしてたら、仮想マシンから出られなくなりました。

右コントロールだと都合が悪かったので、アプリケーションキーに変更しました(環境設定→入力)。

アップデート
VirtualBoxをアップデートしたら、ホストOSの起動時にブルースクリーン(BSODというらしい)が出るようになってしまいました。仮想マシンの起動時ではなく、リアルのPCの起動時に、です。

これは困りましたが、Vistaがいつのまにか復元ポイントを作っておいてくれたので助かりました。

WinXPの時は自動では作ってくれなかったような? 幸いにもお世話になったことがありません。ちなみに、スタートメニュー→プログラム→アクセサリ→システムツール→システムの復元、で、作成したり、復元したりできるようです。


Windows2000をインストールする
ゲストOSとしてWin2000をインストールしようとすると、途中で仮想マシンが再起動してしまって、うまく行きませんでした。


たとえば、Win2kという名前の仮想マシンを作ったら、Windows2000をインストールする前に、コマンドラインから↓これを実行しておくとよいようです。
VBoxManage setextradata Win2k "VBoxInternal/Devices/piix3ide/0/Config/IRQDelay" 1


スポンサードリンク

コメント (コメントを書く)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://symnkn.blog7.fc2.com/tb.php/204-c2b0dd9e

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/10/18(金) 23:49:50 |

その他最新の記事

その他最近のトラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。