スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Corega Fast PServerをVistaで使う

新しいPCにはプリンタのポートがなくて、古いプリンタが繋げません。新しいプリンタが欲しいところですけど、印刷する頻度を考えるとちょっともったいないですし、USBに接続する用のケーブルでも買うかなあ、とか思っていたところ、知人からプリントサーバーをいただきました。coregaのFast PServerです。


対応OSは、Windows XPまでとなっていますが、Vistaでも使えました。

基本的には、XPで使う場合の方法と変わりなく、ここにある設定編のPDFを参考にし、Telnetを使ってIPアドレスを設定し、印刷編(概要)を参考にして、ポートの設定をします。PS Adminやlprソフトウェアは不要でした。

ログオンしないとファクトリリセットができないという困った仕様のようなので、中古品とかで本体のIPアドレスが変更されていたりすると、ちょっと面倒です。パスワードが変更されていた場合は…どうしたらいいんでしょうかねえ(初期設定ではパスワードはナシなので、変更されていなければ、ただEnterを押すだけです)。


印刷編の概要
プリンタはあらかじめインストールしておく。
  • コントロールパネル→プリンタ→プリンタのプロパティ→ポートのタブ
  • ポート追加
    • 「双方向~」のチェックは外す
    • ポートの種類はStandard TCP/IP Port
      • プリンタ名はPServerのIPアドレス
    • カスタム設定で
      • プロトコルは「LPR」
      • キュー名は「lpt1」
      • 「LPRバイカウント~」のチェックを入れる
      • 「SNMPステータスを~」のチェックを外す

ELECOM UC-PGT USB Pctoパラレルプリンターケーブル 1.8m
ELECOM UC-PGT USB Pctoパラレルプリンターケーブル 1.8m
おすすめ平均
stars問題無く使えています
stars古いプリンタが使えて助かります。
stars何とか使えました
stars古い財産が使える
stars古いプリンターを新しいパソコンでも!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
BUFFALO 双方向通信対応プリントサーバ LPV3-U2S
BUFFALO 双方向通信対応プリントサーバ LPV3-U2S
おすすめ平均
stars設定がむずかしい
stars設定がラクチンでした
starsかんたん
stars対応プリンター情報を確認しましょう!
stars良く使えてます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサードリンク

コメント (コメントを書く)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://symnkn.blog7.fc2.com/tb.php/207-58dab031

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2017/01/04(水) 14:57:31 |

その他最新の記事

その他最近のトラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。