スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Operaでの文字間隔等についての補足

Operaでの見栄えについて以前にもちょこっと書きました。CSSやなんかは僕自身まだ勉強中で、あまり検証していなく、環境的にもWindows(主にXP)でしか試めせないので、 このへんのことを書くのはちょっとためらわれたんですが、まあ変なことを書いたら誰かが突っ込んでくれるだろうと思うので書いてみることにしました。

Operaで表示すると半角文字が下にずれることがあったり、文字間隔が広くなることがある件について。これらは、欧文フォントと日本語フォントが混在するように設定されている場合に起こるように思います。ただ、半角文字が下にずれる、ベースラインの問題はOpera8.0などではすでに修正されているようです。


うちのテンプレートNao-Net Designさんの sharpgreenが元になっているんですが、そのスタイルシートの最初の方でfont-familyが設定されています。
font-family: verdana,arial,"ヒラギノ角ゴ Pro W3",osaka,HiraKakuPro-W3,sans-serif;

verdanaarialが優先的に使われるようになっています。 これらはWindowsには最初から入ってる欧文フォントです。欧文フォントには全角文字がありませんから、半角文字のみにこれらのフォントが適用され、全角文字には、この設定だとsans-serifのゴシック系の日本語フォントが使われます(一般的なWindows環境の場合)。

僕はこう変更しました。
font-family: "MS Pゴシック",sans-serif;

バッサリと!(笑) だってヒラギノ角ゴとか入ってないですもん。これなら半角も全角もすべて日本語フォントであるMS Pゴシックになります。ちょっと味気ない感じになりますが…。


とりあえずこの変更により、僕のブログはOperaでもFirefoxでもIE6でも、だいたい同じように見えています。まあ、うちの環境で見る分には、ですけどね。

スポンサードリンク

コメント (コメントを書く)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://symnkn.blog7.fc2.com/tb.php/47-17bd7416

その他最新の記事

その他最近のトラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。