スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さおだけ屋の本は100万部

100万部突破するそうです。以前うちのブログでもちょこっと感想っぽいものを書いたところ、思いがけずたくさんトラックバックがついたりして、ああやっぱり売れてる本はすげーなーなどと思っておりました。100万部突破!が呼び水となって、またさらに売れたりするんでしょうか。


ブログを始めた当初の予定では、もうちょっと読んだ本のことなんかも書こうかと思っていたんですが、いざ書こうと思うとなかなか難しい…。小学生の頃は読書感想文などをよく書かされましたが、あれも苦手でした。成長してませんな。

省スペース?デジタルピアノ

NIKKEI NET:新製品ニュース - ローランド、省スペースのデジタルピアノ
でかっ!(笑) グランドピアノもどきですか。省スペースグランドピアノ風デジタルピアノといったところでしょうか。デジタルじゃあいまいちありがたみがないような…。

NIKKEI NET:新製品ニュース - ソーテック、3万円台のデスクトップ型パソコン発売
さおだけ屋~の本の筆者がパソコンを買うとき最初に検討するというソーテックのパソコンです。税込39900円。3万円台なあ…。
さおだけ屋といえば、近所のじいさんが物干し竿4本に6万円請求されたとかされてないとか…。やっぱりさおだけ屋は謎が多いです。

Yahoo!ニュース - japan.internet.com - 夕刊フジ、個人 Blog に記事見出しを配信
FC2のニュース自動更新みたいな感じでしょうか。夕刊フジやなんかは、たしか見出しの著作権がどうとかでいろいろあったような気がしますが、その後どうなったんだろう。まあ自分のところで配信する分には問題ないんでしょうけど。

カタカナ語辞典が便利なインフォシーク

ポータルサイトにはたいてい辞書サービスが付いていますが、インフォシークコンサイス カタカナ語辞典が便利で、けっこう使っています。

テレビを見たり本を読んだりしているとカタカナの言葉が多くでてきますが、意味が分からなくて辞書を調べようと思っても、スペルが分からないこともありますし、そもそも英語じゃなくて、フランス語やイタリア語だったりすることもあります。

そこでカタカナ語辞典の出番なわけですが、例えば「カンタービレ」って何?っていう時にも、検索すればちゃんと出てきます。素晴らしいです。ブラボー。

でも「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」にあった「コンサーン」は出ませんでした…。ちなみにconcernです。going concern。

【続きを読む】

さおだけ屋の本ではなかったです

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学」を読みました。面白かったし、へえと思うことは多かったけど、さおだけ屋の謎に関しては納得いったような、いかないような…。直接取材をしたわけではないようですし。まあ会計の話がメインなので、もともとそこを追求する気はないんでしょうけどね(笑)

「パソコンを買うなら最初からSOTECを検討する」っていうあたりにもなかなか惹かれるものがあります。

ガラクタ捨てれば自分が見える風水整理術入門 エピソード3を読んでいて、この本「ガラクタ捨てれば自分が見える風水整理術入門」を思い出しました。この章は、この本の内容を会計的な見地から裏付けているような感じでしょうか(笑)

この本は以前読んだんですけど、ちょっと電波っぽいなあと思いながらも、けっこう感化されて(笑)、かなりどっさりといろいろ捨てました。まあ、宝くじが当たったりはしませんでしたが:-) まだまだ捨て足りないのかもしれません。←自覚あり。

【続きを読む】

さおだけ屋の本など

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学」(タイトル長い)などを注文しました。Amazonのランキングで1位だったので(笑)

なかなか惹かれるタイトルです。ふと竿竹屋の真実を思い出しましたよ。

しかし、せっかく自分用にboople.comや楽天ブックスと提携したのに、けっきょくAmazonに注文してしまいました。


経済ってそういうことだったのか会議 僕が見た時にはこの本もAmazonのTOP10に入ってました。もう何年も前に出た本ですよね。久しぶりに見たlivedoorの社長日記でチラッと紹介されていたけど、ひょっとしてそのせいなのかな? さおだけ~の方も紹介されてました。

竹中さんも今や大臣ですよ。ん?何大臣だっけ?まあいいか。

この本、文庫本になってたんですね。最初から文庫本で出してほしいなあ。


【続きを読む】
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。